2010年07月20日

単位が足りない!

大学の新学期が始まって、私はろくに授業にも出ずに怠惰な日々を過ごしていた。
ふと顧みれば、四年間全く同じことの繰り返しである。
もっとも、今更、反省したところで、もう四年。卒業の年である。

季節は夏であった。
私は電算室で涼んでいた。パソコンを駄目にしないように、いつもエアコンが効いているからである。

電算室で、S原と久しぶりに会った。
S原は、日焼けもせずに青白い顔をして、今にも倒れそうな、ひょろひょろの体をしていた。
どうしたのか、と尋ねると、S原は、病気をしていて単位が足りないのだと答えた。
だから、五年生をやるのだ、というS原の発言を聞いて、私もS原のような青い顔になった。
単位の存在をすっかり忘れていたのだ。
今までいくつ単位を取って、残りいくつ取れば卒業できるのか、全く分からなかった。
S原にそれを言うと、確認した方がいい、と助言を受け、私も頷いた。

N棟の通信端末から個人情報にアクセスできるというので、私はS原と共にそこへ向かった。
電算室を出ると、外は激しい雨になっていた。
E棟の軒下まで駆け込んだところで、ずぶぬれのK村に会った。
K村は黒く日焼けした顔で、黄色と緑の布のつなぎを着ていて、両袖に物干し竿をのようなものを通して、案山子のような格好をしていた。
私が物干し竿に触れようとすると、K村はひどく嫌がった。

私はK村も連れてN棟へ向かった。
雨の渡り廊下を通ってN棟に入る。
物理実験室の脇の階段を下りると、開かずの教室があって、その前を通り、突き当りを左に折れると、そこには小さな個室がずらりと並んでいる。
ドア窓から覗き込んで、私は空いた部屋を探した。
ある部屋の前で、覗き込もうとしたところ、ちょうどドアが開いて、中から一人の男が出てきた。深緑のトレーナーを着た小太りで真面目そうな顔立ちの男だった。
彼は私に会釈をして、どこかへ歩いていった。

私は彼が空けた部屋に入って、蛍光灯を付けた。
白いデスクの上には、何もない。
彼が使ったはずの通信端末は、すでにワゴンの下に押し込められた灰色のカバンの中に片付けられてしまって、私は再び設置するのが面倒で舌を打った。
それでも、私はカバンのファスナーを開けて、通信端末を設置した。

通信端末は水洗トイレのような格好をしていた。
起動すると水が溢れてきて、私は慌てて蓋を閉めたが、水は蓋を押しのけて、床を浸してしまった。
仕方なく蓋を開けると、ピンク色の紙が水面に浮かんでいた。
それが、どうやら私が取得した単位数を記した紙のようであった。
紙に書かれた表を見ると、合計21単位。内、パーフェクトが4単位。出演が3単位であった。パーフェクトは好成績ということであろうか。出演はよく分からない。
いずれにしても、21単位だけでは、明らかに不足ではないか。
私はまた青くなったが、その時、急に思い出したことがあったのだ。

私は大学なんてとっくに卒業していたのだ。

深層心理に迫る!


posted by ちんぺい at 13:32 | Comment(0) | こんな夢を見た
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。